2010年06月11日

小沢問題「菅節」不発、国交相は「自ら説明を」(読売新聞)

 清新さを前面に打ち出してスタートした新内閣。

 菅直人首相(63)は8日の記者会見で「草の根」や「若さ」を強調したが、「政治とカネ」の問題で辞任に追い込まれた小沢一郎・前民主党幹事長(68)の国会での説明責任については明言を避け、歯切れの悪さものぞかせた。一方、閣僚からは「小沢氏は説明を」との声も聞かれた。

 首相の記者会見には150人を超える報道陣が集まった。手元のメモにほとんど目を落とさず両手を広げて理念を語った菅首相だが、質疑で小沢氏の政治とカネの問題について聞かれると、「党で最も重要な役職の幹事長を辞任することは、一定のけじめではあると思っている」と硬い表情で答えた。

 小沢氏の衆院政治倫理審査会への出席についても、「どのような対応が国会で必要になるのか、幹事長を中心に、他党の主張も聞きながら判断したいと思います」と、歯切れのいい“菅節”は影を潜めた。

 一方、再任となり、9日午前0時前に官邸で記者会見した前原誠司・国土交通相(48)は、小沢氏の説明責任について、「幹事長を辞められたとはいえ、秘書が3人逮捕された事実は重い。政倫審への出席をうやむやにすると、『小沢隠し』の批判に耐えられない。政倫審で堂々と主張されるべきだ」と語った。

 仙谷由人・官房長官(64)は「汚いカネを使うぐらいなら、当選しなくていい」と自らの信条について熱弁を振るったが、小沢氏の政倫審出席に関しては、「ルール上、ご本人が希望しなければ開かれない」と述べるにとどまった。

新首相動静(6月4日)(時事通信)
景気の「谷」は昨年3月=戦後最大級の落ち込み―内閣府(時事通信)
国の調査班が現地入り=終息受け、感染経路など探る―口蹄疫(時事通信)
<APEC>閉幕 保護主義の抑止に向け閣僚声明も(毎日新聞)
補償交渉や訴訟が終了=JCO臨界事故から10年8カ月(時事通信)
posted by タカスギ コウイチ at 02:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。